qa

残念ですが、相続放棄を申立てて何らかの事情で却下された場合、再度申し立てることは難しいと言わざるを得ません。
相続人の中に未成年の子供がいる場合は、原則として親権者が相続放棄の手続きを行います。ただしこの場合、親権者と未成年の子供は同時に相続放棄を申立ててなければなりません。
故人に債務や引き継ぎたくない負の遺産があって、相続放棄をする場合、あなたが相続放棄するのであれば、結果としてあなたの相続放棄後は次の順位の相続人が故人の負債や義務を相続することになります。
相続放棄をしてはいけない場合もあります。大半は、相続放棄への理解が不足し利用方法を誤った結果、起こってしまいます。
故人の相続人になる全員が相続放棄を行って、誰も相続人がいなくなってしまうことがあります。この様な場合は、故人の財産は家庭裁判所が選任した相続財産管理人によって管理されます。
相続放棄を行ったとしても、そのあと、次順位の相続人が財産を管理できるようになるまでは、相続放棄した人が相続財産を管理しなければなりません。
相続放棄を申し立てても、故人の遺族年金を受給することは可能です。
場合によっては、まだ可能です。正確には、亡くなってから3ヶ月ではなく、亡くなって相続が始まったことを知ってから3ヶ月です。ですから、「請求が来て初めて借金の存在を知りました。」と主張していくことが重要になるでしょう。

さらに表示する