贈与契約書


贈与契約書=財産の贈与を確約する時の書類

 

財産の贈与は、贈与者(=贈与する人)と受贈者(=贈与される人)の口約束だけでも成立しますが、単なる口約束はいつでも自由に、取り消し可能です。

 

争いとなった場合のために、贈与の証拠として贈与契約書を作成しておいた方がよいです。

 

贈与契約書の書式には特に決まったものはなく、贈与するものを正確かつ具体的に明記して、贈与者と受贈者の2人が住所、氏名を直筆で記入し、捺印すればいいことになっています。

 

また、贈与契約書は、住所、氏名、捺印以外は、パソコンで作成した文章でも認められます。

 

ここで注意しなければならないのは、贈与者が遺言により、ある人に贈与を明記しているときでも、贈与者の相続人には遺留分と呼ばれる権利があることです。

 

この遺留分とは、遺言でも侵害することのできない、相続人が受け取る遺産の取り分のことです。

 

なお、遺言による贈与の場合、受贈者が遺言者よりも先に亡くなったときは、この贈与は無効となり贈与の権利はなくなります。