遺言


遺言(生前対策)


遺言書はただ書けばよいというものではありません。

法的に有効なものを作るには民法の規定に定める方式に従った形式でなければなりません。

 

また、開封時にも注意が必要です。

遺言書の方式によっては、家庭裁判所の検認手続きを経ないものでは登記をすることが出来なくなります。

 

民法では、相続に関して各相続人について法定相続の割合を規定しています。

遺言とは、法定相続分を遺言者の意思によって変更するものです。

例えば法定相続のままであれば、配偶者と子供に2分の1ずつとなるところ、その割合を変更をしたり、 法定相続人以外に財産を譲ることなどができます。

 

このように、遺言によって遺言者の最後の意思表示として、実情に沿った相続財産の分配が期待されることが遺言制度の意義といえます。

 

また、ご自分の財産を特定の目的に使いたい、相続トラブルを未然に防ぎたいなどの場合にも遺言は有効です。