3ケ月後の相続放棄


相続放棄は原則として、相続が開始したことを知ったときから3ヶ月以内に手続きをとらなければならないことになっています。

 

しかし、亡くなってから3ヶ月の期間が経過した後、借金の請求がきて、そこで初めて借金の存在を知った場合でも、放棄をすることが出来ないということになります。

 

しかし、これまでの判例によると、相続放棄が出来る期間を経過した後でも、債務(借金など)の存在を知らなかった場合など一定の要件を満たせば、自分が相続人という立場であると知り、借金の存在を知った時から3ヶ月以内に相続放棄の手続きをすれば良いとされています(例外ではあります)。


3ケ月後の相続放棄における判断基準


3ヶ月後の相続放棄が認められないケースは以下の通りです。

  1. 相続人として亡くなった方の財産を受け取った、処分した場合
  2. 相続財産を隠すなどの背信行為をしたとき
  3. 自分が相続人であること、借金があることを知っていたとき

この場合、プラスの財産もマイナスの財産も全て受け継ぐ「単純承認」をしたとみなされます。

 

借金の存在を知った場合は何も手をつけず、まずは専門家に相談した方が良いでしょう。

 

ちなみに相続を専門に取り扱っていないところでは、「3ヶ月以上経過しているのであれば放棄できません」という返答をされることがありますので当事務所のような専門家にご相談下さい。 


川崎相続遺言相談センターに依頼するメリット


メリット1:「相続放棄のチャンスは1回」

相続放棄手続きのチャンスは1回です。

 

家庭裁判所に自分で申立して「相続放棄は認められない」と決定されてしまった場合、その決定を覆すことはほぼ無理です。

 

もしご自分で手続きを進めていて、裁判所から「相続放棄は認められそうもないので、取り下げられた方がいいのでは?」とすすめられたら、素直に取り下げて専門家である当事務所へご相談ください。

メリット2:「時間の短縮」

相続手続きの基本調査とプランニングを川崎相続遺言相談センターが代行いたします。

3ケ月を過ぎた相続放棄も実績多数のため、迅速に対応致します。

メリット3:京急川崎駅から徒歩3分 土曜日も営業しております

川崎相続遺言相談センターは京急川崎駅から徒歩3分 JR川崎駅から徒歩5分と大変便利です。

土曜日も通常営業を行っておりますが、ご予約が込み合う場合もございますので、まずはお電話でお問い合わせください。


相続放棄の手続きの流れ


1)戸籍等の添付書類を収集します

2)相続放棄申述書を作成します

3)家庭裁判所へ相続放棄の申立を行います

4)家庭裁判所からの一定の照会があるので、それに回答します

5)問題がなければ、家庭裁判所で相続放棄の申述が受理されます

6)家庭裁判所から通知書が送られてきたら、手続きは完了です

7)債権者に提示するために、必要に応じて相続放棄申述受理証明書を交付してもらいましょう


相続放棄の必要書類


■相続放棄申述書

■被相続人の戸籍・除籍、住民票の除票

■申述人・法定代理人等の戸籍謄本

■申述人1名につき収入印紙800円、郵便切手

 


相続放棄 3ケ月を超えてしまった場合の料金


相続放棄 3ケ月を超えてしまった場合:70,000円(税抜)/件 相続放棄申述書作成費用

 

※もし3ヶ月を過ぎてしまっていても、是非、一度ご相談ください。無料相談会を毎日開催しております。