Q1:法定相続人とはだれでしょうか?


A1

民法では、相続人になれる人の範囲を定めています。これを法定相続人といいます。

 

・配偶者相続人・・・被相続人の配偶者は、常に法定相続人になります。
・血族相続人・・・被相続人の子や孫(直系卑属)、父母や祖父母

         (直系尊属)、兄弟姉妹も法定相続人になれます。

 

ただし、法定相続人だからといって、必ず相続できるとは限りません。血族相続人は順位が決められており、上位の血族がいるときは下位の血族は相続できません。