Q7:夫が亡くなり、相続人は妻と未成年の子供が一人です。 どのような手続きになりますか?


A7

夫が死亡、相続人は妻と未成年の子供という場合、子の母である妻は、子の代理をすることはできず、子のために特別代理人を選任しなければなりません。

遺産分割の手続きにおいては、共同相続人の一人が他の相続人を代理したり、同一人が複数の相続人を代理することはできません。

このことは代理人が弁護士であっても同じです。

したがって、この場合は家庭裁判所に特別代理人の選任の申立てをして、この特別代理人と協議をしなければなりません。