Q16:遺言を遺しておいたほうが良いのはどういうときですか?


A16

(1)夫婦の間に子供がいない場合(両親も死亡していない。)

  • 遺言書がなければ、兄弟姉妹が相続人になりますが、「夫は妻へ相続させる。」、「妻は夫へ相続させる。」と記載した遺言書を遺しておけば、兄弟姉妹等が財産を相続することはありません。兄弟姉妹には遺留分もありません。

(2)息子の妻・娘の夫に財産を遺したい場合

  • 息子の妻は相続人ではないので、財産を遺したければ遺言する必要があります。

(3)夫婦の一方又は双方が再婚の場合

  • 前妻又は前夫との間に子供がおり、相続を巡って争いが起こりそうな場合は、遺言によって明確にしておくことができます。

(4)内縁関係の場合

  • 内縁の関係にある人は、相続人とはならないので、財産を遺したければ遺言する必要があります。

(5)個人事業者の場合

  • 自分の事業を継がせたい者がいる場合、その気持ちを遺言書に明確にしておくことができます。

(6)子供達の仲が良くない場合

  • 死後において相続争いが予想される場合は、遺言者の気持ちを遺言書に明確に示しておくことができます。

(7)相続人が全くいない場合

  • 国に没収されるので、遺産を遺したい人がいれば、遺言をしておく必要があります。