Q22:土地の筆数が多い場合でも、全部について登記事項証明書(登記簿謄本)が必要ですか。


A22

不動産が多い場合は、登記事項要約書(所在、地番、地目、地積、所有者を記載したもの)で差し支えありません。

ただし、すべての不動産を一人に相続させることとし、遺言書の文言を、「すべての不動産を○に相続させる。」とする場合は、登記事項証明書等は無くても差し支えありません。

しかし、甲不動産はA、乙不動産はBというように相続する不動産が異なる場合は、登記事項証明書又は要約書等が必要になります。