Q26:債務のことは遺言で書いておけばそのとおりになるのでしょうか。

A26

遺言の対象となるのは、原則として預貯金・不動産等の積極財産であり、債務のような消極財産については、対象とならず、法定相続されると解されています。

したがって、遺言で債務の負担する者を定めても、そのことを債権者に主張することはできず、債務は、法定相続の割合に応じて相続人が負担することになります。

ただし、遺言で債務を負担・承継する者を定めた場合、債権者がそれを承諾するならば、遺言書のとおりとなります。