Q28:遺留分について説明してください。


A28

遺留分とは、法定相続人(妻、子(子が死亡していれば孫)、親)に認められた最低限の相続分のことです。

 

遺言の内容から判断して、最低限の相続分を侵害された者は、相続財産を取得した者に対して、相続開始を知った日から1年以内に遺留分減殺請求権を行使して、侵害された部分を取り戻すことができます。

 

兄弟姉妹には、遺留分はありませんので注意して下さい。

 

遺留分権利者の最低相続分は、遺産の半分についての法定相続分とされていますので、次のとおりとなります。

 

<親のみが法定相続人の場合>

 遺産の3分の1に法定相続割合を乗じて算出

 

<それ以外の場合>

 遺産の2分の1に法定相続割合を乗じて算出