Q38:遺贈と相続はどう違うのですか?


A3

「相続させる」は、推定相続人(原則、被相続人の配偶者、子供及び兄弟)に対して使う言葉です。

それに対し、推定相続人以外の、例えばお世話になった人にあげる場合、または施設などに寄付をしたりする場合などには8遺贈する」という言い方をします。

しかし、「相続させる」と書いたからといって無効になったりはしません。