Q55:付言(ふげん)とは何ですか?


A55

『付言』とは、遺言書の中に残すメッセージのことです。

遺言書は、遺書と違い、法律的な内容を記すものですが、決して法律的でないことや余分なことを書いてはいけないということではありません。

むしろ、法律的で若干無機質な遺言書よりも遺言者の人柄や想いを伺えるメッセージを是非とも書き残すことをお勧めします。

 

付言は、一般的に、手書きの遺言書(自筆証書遺言)・公正証書遺言を問わず、遺言の最後(末尾)に記します。

 

その内容としては、どうしてこのような内容の遺言を書くに至ったのかという遺言者の“想い”や遺される親族・お世話になった方々への感謝の気持ち・遺志を伝えるためのメッセージを自由に綴る方が多いです。

 

この付言が有るのと無いのとでは、やはり遺族が遺言内容に感じる印象は大きく変わるようです。

相続人間全員にとっては、必ずしも公平・平等な遺言があるとは限りません。

その不公平感を少しでも和らげることができる可能性のあるのが付言です。

 

もちろん、財産をあげたくない者への不満や恨み辛みを書かれる方もいますが、できればその裏返しとして、お世話になった方へのポジティブなメッセージを記すことが大切だと感じます。

 

昨今、遺留分減殺請求や遺言無効確認の訴え等、遺言書・相続をめぐるトラブルが増えてきております。

後世に残す財産があるからこそ、争いが起こるのですから、財産を残す者の最後の使命として、ぜひ遺言者には付言で熱く・優しく遺される方々に気持ちを記してほしいと思います。