Q9:成年後見人,保佐人,補助人には,どのような役割がありますか。


A9

成年後見人等は,本人の意思を尊重し,かつ本人の心身の状態や生活状況に配慮しながら,本人に代わって,財産を管理したり必要な契約を結んだりすることによって,本人を保護・援助します。

 

本人が誤った判断に基づいて契約を締結したような場合には,それを取り消して,本人の利益を守るようにしなければなりません。

 

また,成年後見人等は,その行う事務や財産管理の状況を家庭裁判所又は監督人に報告し,家庭裁判所又は監督人の監督を受けることになります。