Q20:後見事務の方針と年間の支出の予定を立てなくはなりませんが、どんなことに注意すべきでしょうか?


A20

財産調査、身上調査などの調査をしっかり行い、定期の収入、定期の支出、負債等の経済状況を把握し、近いうちに多額の収入や出費が見込まれる場合は、それらを見越して予定を立てることです。