Q18:相続放棄したあとの財産の管理義務はどうなるのですか?


A18

相続放棄を行ったとしても、そのあと、次順位の相続人が財産を管理できるようになるまでは、相続放棄した人が相続財産を管理しなければなりません。

 

ですから、相続放棄した人は、自分が相続放棄を申立てたことを次順位の相続人に通知するのが通常です。

 

要するに相続放棄した人は、早く次の相続人に通知して相続財産の管理を引き継げる状態を作らなければ、相続財産は自分のものにならないのに管理義務だけが残されてしまいます。

 

そして、相続人がだれもいなくなった最後の相続人は、相続財産管理人に財産の管理を引き継ぐことになります。