Q19:相続放棄した後の残された財産はどうなるのですか?


A19

故人の相続人になる全員が相続放棄を行って、誰も相続人がいなくなってしまうことがあります。

この様な場合は、故人の財産は家庭裁判所が選任した相続財産管理人によって管理されます。

相続財産管理人は、相続財産から債権者に弁済を行い、それでも財産が残った場合は、故人の財産は国庫に帰属する宿命になります。